2007年08月02日

マッキンゼー式 世界最強の問題解決テクニック 第6章

第6章 チームをマネジメントする


 近年では、チーム制を採用する企業や組織が一般的に
なってきている。これは恐らく、一人でかかるより何人
かで協力した方が大きな事を達成できると信じられて
いるからだろう。
 この章では、チームのマネジメントに関する次の4つ
の要素について説明する。


1.チームを編成する
2.コミュニケーションを促進する
3.絆を育てる
4.成長を促す



1.チームを編成する

・最適なスキルと人材を慎重に選ぶ
   ニーズに応じて、各人の知性、経験、対人関係能力
のバランスを慎重に検討しながら割り振りを決定する。

<教訓と成功例>
・示された能力だけでなく、相手の潜在能力にも配慮する
・多様性の価値を理解する

  (経験の多様性を重視する)
計画性を持って人材を採用する

<活用・実践ガイド>
・誰を雇うべきか
  (業務上のニーズ、そしてそれを達成する必要な
   能力や属性のリストを作成)
・多様性を忘れずに


2.コミュニケーションを促進する

・情報をスムーズに流す
  (情報は力であり、共有することで価値を増してチーム
   の成功を導く。そのためには、情報を循環させ続ける

<教訓と成功例>
・耳は二つあるが、口は一つしかないことを忘れない
  (人の話を聞いた時間の半分だけ話すようにするとよい)
・何を言うかだけでなく、どう言うかが重要だ
・コミュニケーション不足よりコミュニケーション過剰の方がよい

<活用・実践ガイド>
・聞くトレーニングを利用する



3.絆を育てる

・チームの士気に気を配る

  (プロジェクトの進捗状況とメンバーの貢献を逐一報告し
   全員に敬意を払って接し、互いに手助けしあう
・絆はほんの少しで十分だ
  (やりすぎは逆効果

<教訓と成功例>
・一緒にすごす
  (職場を離れて楽しむのはチーム結束を強める。しかし、
   やりすぎは逆効果)
・十分に報いる
  (経済的報酬もよいが、社内全体にチームの功績を広める
   方が大きな動機付けとなることも多い)

<活用・実践ガイド>
・絆を深めるメリットを示す



4.成長を促す

<教訓と実践例>
・期待は高く
  (より高い目標を設定することで、従業員たちは変化を恐れる
   気持ちや、そこからくる無気力さに打ち勝つことができる)
・常に働きぶりを評価する。ただし、バランスは失わないように

<活用・実践ガイド>
・野心的な全体目標を作る
・目標を伝える
・きちんと評価する

  能力評価は、次の3つを基準に沿って行うべきである
  
 ○客観的に評価する
 ○あらかじめ設定した目標に基づいて評価する
 ○当人の努力のおよぶ範囲のことだけに焦点を絞って評価する


・バランスに気を配る
  (肯定的なコメントは業績向上を促すが、飽和点に達すると
   効果を減退させる

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。