2007年07月27日

マッキンゼー式 世界最強の問題解決テクニック 第3章

第3章 データを収集する


仮説を立て、それを証明するのに必要な分析方法が
決まったら、次は分析を行うためのデータを収集する。
この章では、データ収集という興味の尽きない世界に
奥深く分け入っていきましょう。


1.リサーチの戦略とツール
   リサーチするときは、できるだけ多くの情報を
集めるのではなく、最も重要な情報をできるだけ迅速
に集める
べきです。

・問題解決は「事実」から出発する
  問題解決は、事実に依存している。事実はまた
クライアントの不信感を払拭し、仕事ができるという
ことを証明できる。
  事実の威力にもかかわらず、ビジネスに携わる人
の多くは事実を恐れている。だが、嫌な事実を見ない
ようにしたところで、避けられない事態を遅らせるの
が関の山だ。

・具体的なリサーチの実践テクニック
   リサーチを向上させる三大テクニックとは

 1) まず年次報告書に目を通す
 2) 外れ値に注目する
 3) ベスト・プラクティスを探す



<教訓と実践例>

・自分の組織のデータに関する方針を診断する
・適切なインフラを構築する


<活用・実践ガイド>

・適切な情報源を探す
   「確かな」データ源の重要性を考えて、現在、一般
に利用可能で非常に優れたリサーチツールをいくつか紹介
します。

(サーチエンジン分野)

 Asianet's Select Search Engines
950以上のサーチエンジンが一箇所に
  www.asianet.net/search.html

Findspot
便利なサーチエンジン・ガイドと検索の補佐
   www.findspot.com

Hotbot
一億以上のウェブページの全テキスト
www.hotbot.lycos.com  


(一般情報分野)

AJR NewsLink
米国3400紙、米国以外2000紙以上の新聞へのアクセス
   /ajr.newslink.org/news.html

Business Wire
業界の企業に関するビジネスニュースと情報、最新ニュース
   /www.businesswire.com

Individual.com
企業と業界の無料ニュース、インプットによってカスタマイズ可能
   /www.individual.com


2.面接調査のテクニック

   面接調査で心がけるべきなのは、準備と礼儀である。具体的には

・事前の準備 (面接ガイドの作成)
   質問は、最も重要な3つか4つに絞り込む
   何かお聞きするのを忘れていることはありませんか、と締めくくる
・面接の本質 (聴きかつ導く)
   うなり声などを使い、聞いていることを相手に知らせる
   沈黙している場合も、賛意を示すようなボディランゲージを行う
・面接を成功させる7つの戦略
   ○面接相手の上司にお膳立てしてもらう
   ○二人組みで面接をする
   ○誘導しないで耳を傾ける
   ○相手が言ったことを言い換えて確認する
   ○間接的アプローチを用いる
   ○面接相手に多くを求めすぎない
   ○コロンボ戦術をつかう

     (面接を終えるときに、はたともう一つ質問をする)
・面接の相手を絞り上げ過ぎない
・必ず礼状を書く


<教訓と成功例>
・面接では聞くことに徹する
・面接では、こまやかな配慮をする


<活用・実践ガイド>
・面接前後のフォローに気を配る
  (面接ガイドを事前に送り、終わったら必ず礼状を送る


3.ナレッジ・マネジメントを究める

   データと情報は、知識ではない。データは事実であり、発生
したことの観測結果であり数字である。情報は、データを集めた
ものや、いくらか統合したものである。知識とは、付加価値プロセス
において情報と経験と状況が渾然一体となったもの
である。
  ナレッジ・マネジメントは、社内の体系化されていない知識と
体系化された知識の価値を、組織が最大限に活用できるようにする
システマティックな方法を示す。

<教訓と成功例>
・すぐに応える文化を創り出す
・外部の知識を活用する

  社外の文書の検索と、外部の出版物や役に立ちそうな業界専門者
  を識別できるようにする
・入力の質を管理する
  主題について直接的でない知識が無い人でも、入力情報を解釈
  できるようにする。また、関連するキーワードや他の検索方法
  ですべての資料を引き出せるようなシステムにする

<活用・実践ガイド>
・知識を共有する
  知識を共有することで、プロジェクト等の方向性を正しい方へ
導き、余計な時間を費やすことがない
ようにする
・組織全体が参加する
  トップの支持があり、絶えずテコ入れしないと成功しない
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。